謎解き Wiki
Advertisement


hanaoka_ はENIG-ROID創設者、元AnotherVision零狐春所属の謎制作者、競技謎解き・競技パズル・クイズプレイヤー、音ゲーマー。大分県在住。

謎解き

作り手として

  • 2012/7/28 オンライン公演「Twitterからの脱出」を主催。[1]
  • 同年、京都大学謎解きサークルENIG-ROIDを友人とともに設立。11/2にオンライン公演第二弾となる、中二病からの脱出を開催。当時、時間内にクリアしたプレイヤーは0人であった。その後、ENIG-ROIDにて、「殺人鬼の潜む部屋からの脱出」「新興宗教からの脱出」などの制作を行う。
  • 2013年、AnotherVisionに加入。
  • 2014年、零狐春メンバーとして活動を開始。「謎解き王トーナメント2014 Fブロック」「黄金喫茶」などを制作後、零狐春を脱退。
  • 2020年、The Quest of Xを匿名で発表。というフォーマットを確立した。制作者をゲリラ的に公表した謎解き沼の底からの放送回は、出演者である常春しゃるおよび多くの視聴者を驚かせ、同回は謎解き沼の底からの人気投票で一位となった。その後零狐春に再加入する。
  • 2021年、大分初のルーム型謎解きイベント「ちゃちゃくらぶからの脱出」の謎制作を務める[2]

解き手として

  • 2013年、SCRAPアクア城2週目にて2位を獲得
  • 2014年、Locked Masters主催「京大謎解き王」にて決勝進出
  • 2015年、解神に招待選手として参加。勝鬨では3位タイとなり、サドンデス早押しにて決勝進出を逃す。
  • 2015年、ヤミネコ解散公演「ナゾトキグランプリ」優勝
  • 2019年、Far East SolversとしてOPEN POLISH ESCAPE ROOM CHAMPIONSHIPに参加。予選を突破し、ポーランド現地で開かれた決勝に唯一のアジアチームとして参加。[3]
  • 2020年、同チームで後継イベントのER CHAMPに参加。世界4位の成績を収める。
  • 謎検準一級。2020年に10位以内を目指して解神対策する企画が実施されたが、1問ミスで満点を逃し、23位に終わっている。
  • 2021年、SCRAPオンラインリアル脱出ゲームサマーフェス内コンテンツ「終わらない公開捜査からの脱出 記憶喪失スペシャル」にて、10,112人中の1位クリアとなる。
  • 2021年、解神プレシーズンにて、福岡会場で優勝。初代朱雀の称号を獲得した。

クイズ

  • 高校生クイズ29thに鹿児島代表として出場するも、サドンデスにて一回戦落ち。全国大会9位となる。
  • 2019年より大分クイズ会の会長を務めており、第一、第三水曜日にボードゲームカフェJOGOで早押し体験会を開催している。
  • 知識検定1級、数検1級、別府温泉マイスターなど、様々な検定を所持しており、2019年には、フジテレビ系列「超逆境クイズバトル!! 99人の壁」ではテーマ「検定」で超逆境クイズバトル!! 99人の壁に出場している。

ペンシルパズル

  • 2015年より競技パズルを開始。
  • 2016年、パズル通信ニコリ155号にヘルゴルフが掲載、パズル作家としてデビューを果たす。
  • 2016年、日本パズル連盟主催、日本パズル選手権において日本11位を獲得。
  • 2018年、日本パズル連盟主催、WPC選抜大会にて8位を獲得。日本代表権を獲得する(世界大会はスケジュールの都合で辞退)
  • 2021年現在でも、Pre-PGP、BP-Con、PGP等の大会に参加しており、2021年のPGPでは世界70位となっている。

その他

知的総合競技

  • 2021年、マインドスポーツの世界的祭典であるMind Sports Olympiadに参加。新設されたQuizzle (Puzzle+Riddle)で非英語圏の中では最も高い世界6位を獲得している。[4]またPentamind(頭脳5種)においても日本2位となる57位を獲得している。[5]

音ゲー

音楽ゲーム全般を特技としており、様々な機種で全国トップクラスの腕前を持っている。

  • KAC2013ではDrum Mania, jubeat, pop’n music, Reflec Beat, SoundVoltexの5機種にて100位以内に入り、BEMANI Master部門で38位を取っている。
  • 慶應SFCに在籍していたことがあり、当時慶應音ゲーサークルKBMに所属していた。KBMの部内戦および、早稲田音ゲーサークルBBDとの合同IR戦の全機種部門にて、優勝を果たしている。
  • 2021年にBeatmania IIDX冥をハードクリアした。

競技プログラミング

2019年にAtCoderを始めており青レーティングを保有。第一回日本最強プログラマー学生選手権では決勝大会に進出。70位の成績を収めている。


外部リンク


Advertisement